食品

「青汁の青野菜とダイエット効果」

青汁に使われている主な原材料として有名なのは、ケール、大麦若葉、明日葉です。
勿論、他にも使われているものはたくさんありますが、どれも食物繊維が豊富に含まれています。
ですから食物繊維にとって腸を活性化させて、腸から老廃物を追い出し、腸内環境を整えることで、体内に青汁の栄養素を吸収させます。

青汁の三大原料の一つである明日葉にはカリウムが多く含まれているためむくみ解消に効果的ですし、
ケールには花粉症の不快な症状を緩和する効果があるそうです。
ケールの青汁の花粉症緩和効果について詳しくはこちら。

腸内から老廃物が出ることで痩せると考えがちですが、それは便秘がなくなり、お腹が少しすっきりするだけで、痩せるというのとは少し違います。
勿論、便が腸内に詰まっていたら、お腹が重い分の体重はプラスされていますし、栄養も摂取されにくく、最悪病気を引き起こしかねないでしょう。
ですが、本当に痩せるのには青汁の素になっている野菜の栄養素が必要になってくるのです。

そもそも何故青汁は飲むことを勧められているのでしょう。
便秘に効き薬を飲むより良いからでしょうか。
では何故便秘になるのでしょう。
運動不足でしょうか。
食物繊維が足りないからでしょうか。

ではなぜ食物繊維が足りないのでしょうか。
結局、野菜不足だからという答えがだされます。
そして現代人の食生活で、緑黄色野菜ですら満足に摂れないのが現状です。

理由としては、食の欧米化によって肉食が多いことや、忙しく外食や外で買ってきた弁当で済ませることが多いこと、単純に野菜が嫌いなのが挙げられますが、それでは体の中の栄養バランスは偏ってしまいます。
バランスの悪い食事は、体の不調などを促し、野菜不足は体重を増やします。

そこで青汁によって野菜の栄養分を補うのです。
あくまで補うのであり、野菜を食べなくていいということではないことを間違えないでください。

1日に350gの野菜を食べることが無理であるために助け、他の食事との栄養バランスを整えることによって、新陳代謝を高め、体質から痩せやすい体にしていくのが、青汁ダイエットです。
また無理な食事制限などはしなくてよく、精神に負荷をかけないということもとても大切でしょう。
こちらに青汁とグリーンスムージーとのちがいは何か?や、1日何杯が理想なのか?といったような疑問を解決できるサイトがありましたのでご覧ください。